わくわく!

 「住まう」も含めた様々な価値観の変化が加速していきそうな記事がありました。

「空飛ぶクルマ」は2030年代の本格導入に向けて政府も法整備など検討し始めているようで、先ずは2025年の大阪・国際博覧会の会場移動などでの使用を行うべく協議が始まっているようです。

普及にはモーターの軽量化も欠かせないようですが、その目途が立ったようです。

「空飛ぶクルマ」の普及により、渋滞の解消などは勿論ですが、例えば海の綺麗な離島、見晴らしの良い山の頂上、自然に囲まれた森などで暮らせるようになり、接道を意識しなくてもよい住環境がもてはやされるようになるのでは思います。

以前お伝えした改正民法、相続土地国庫帰属法にも関連しますが、活用が難しかった地方の空家や未相続の土地・山などの価値も大きく変わり、魅力ある不動産になるのかもしれませんね。

 

PAGE TOP