土地の古と今(三ノ輪)

東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」に検討中物件の調査で参りました。

今回の検討中物件の所在地は千束4丁目です。

ここにはなんと!

あの遊郭の吉原があった場所のようです。

元は日本橋人形町にあったのですね。

明暦二年(1656)になると町奉行から、吉原を浅草日本橋に移転するよう命じられ、翌三年に移転した。

どうやら明暦の大火で日本橋近辺が消失、その頃は日本橋近辺の市街化が進んでいた為、郊外に移転させられたようです。

現在は区の施設やマンションが混在しており住宅街ですが、当時は商人も多くいたと思われる日本橋からも約6㎞離れており、寂しい場所だったのでしょうか。

ですが、検討中物件近辺の京町一丁目の由来は、

京町一丁目は元和四年にできた町で、町名の起こりは、そこで営業していた者の多くが京都出身者であったことに由来している。

ここに雅があったことを感じました。

関連記事

PAGE TOP