土地の古と今(表参道)

東京メトロ銀座線「表参道駅」に不動産調査で参りました。

今回の調査物件の所在地は神宮前5丁目です。

このエリアには山城淀藩稲葉家の江戸藩邸があったようです。

この稲葉家江戸藩邸の敷地、驚いたことに青山通り沿いの国際連合大学~その北西側神宮前5丁目~渋谷1丁目あたりまでまたがっています!

面積は5万坪余とのこと。

ちょうど写真の撮影方面からその裏側一体です。

青山・表参道エリアにはこのように広大な敷地の江戸藩邸が比較的多いのですが、住環境も良く高級感があるのはその流れもあるのでしょうか。

近隣公示価を調べますとやはり高級住宅地として価格もなかなかのものですね。

近隣神宮前5丁目住宅地の2020年の公示価(渋谷区-18)が坪4,661,157円

以下は参考までに。

江戸藩邸敷地面積約5万坪×土地価格約4.7百万円/坪≒2,350億円!

同じ青山通り沿いで昨年話題となった近隣にあるエイベックス本社ビルの売却額の約3倍。

総額のインパクト、ありますね。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP